真田丸が最終回。信繁ともお別れ。

真田丸の最終回が終わってしまいました。
来週から、もう信繁に会えないのがさみしい。
このドラマ、毎週楽しみでした。
なにせ、俳優陣が超豪華!
私の大好きな星野源氏も家康の息子さん役で出てます。
同時進行していたドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」とは、全然違う役。
こんなに違う役を同時進行でやってしまうって、やっぱり星野源氏は天才です。
「逃げるは恥だが役に立つ」でも、その演技に感動しますが、
こちらの真田丸の星野源氏の演技も目が離せませんでした。
何かを提案しては、父親の家康に却下され、そのたびに父に対する表情が、
すごいなあと思ってました。
今回は勇ましい星野源氏でした。

その他にも、このドラマ。
登場人物、一人、一人が丁寧に描かれていて、一人、一人が好きになりました。
男性も一生懸命ですが、女性陣もそれぞれの信念に基づいて一生懸命。
誰も自分の運命を人任せにせず、一所懸命に悩みぬき、迷い、行動していくところも
人間臭くて好きでした。

今までの時代劇に比べると軽妙で、どうかすると軽くなりがちでしたが、
そういうところも、私たちに近く感じられて、共感しやすかったです。
あの頃の武士だって、心の中ではこんなふうだったんじゃないかな、と思ったりしました。

そして、最後の場面。
実は、私、先日、大阪の一心寺の中にある、大きな大木の枯れ杉を見てきました。
そこは、信繁と家康が鉢合わせになって、あわやというところで、
家康は命からがら逃げたと言われる、ところです。
信繁終焉の地と言われる安居神社にも行きました。
だから、最後の場面は、「ああ、あそこだ」と実際の場所を知っているだけに
感慨深いものがありました。
終わり方が爽やかな感じになってよかったと思います。

佐助役の藤井さんって、そういうえば「逃げるは恥だが役に立つ」にも出ておられますが、
いい役者さんですね。
吉本新喜劇の時とは、また違った演技です。

一番最後、エンドロールも終わった後に、信繁のお兄さんが、平和な田畑で、
糸が切れてバラバラになった六文銭を見つめるシーンが、
平和はこうやって作られたんだ、ということをしみじみと分からせてくれたような気がします。
歴史はこうやって作られて、その延長線上に、今、私がいると思うと、
感慨深いものがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です